bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あなたがリーダーに生まれ変わるとき―リーダーシップの潜在能力を開発する | TOP | 買い物する脳―驚くべきニューロマーケティングの世界 >>

2009.02.01 Sunday

満室チームで大成功! 全国どこでもアパート経営

熱意とポリシーと行動!

 実はここ数年、不動産投資に興味を持っていて、いろいろ勉強していました。不動産というのはすべてのビジネスの基本だな、と思うことがあり、それで興味を持ったのですが、そんなところに著者の寺尾恵介さんから書評の打診をいただき、献本をいただくことになりました。

 そのメールのやりとりで感じたことは、この方がとても穏やかで優しいということです。もちろん、本人に会ったわけではないですから、本当かどうかはわかりません。しかし不動産投資、というより大家さん業で成功する人というのは、こういう人であって欲しいなぁ、と思ったのも事実です。

 実際、書籍を受け取って、その内容の濃さに驚きました。いかにこれまでのノウハウや経験をシェアするか、その一点で書かれているような気がします。


 この本は不動産業で楽して儲けるための本ではありません。大家さん業という仕事を愛して実際に行うために必要なものを教えてくれる一冊です。ですから、この本には「よく本でこういうことが書かれているけれども、鵜呑みにしちゃいけない」なんて話が結構、書いています。

 著者はこの大家さん業で、苦労せずに儲かる、なんて話を書いていないところにも好感が持てます。一件目は特に苦労されたそうで、そうか、最初はやっぱり苦労が必要なんだな、ということがよくわかります。

 ネットで検索しますと、不動産の物件というのはいろいろあることがよくわかります。何で儲かるとわかっていて自分でやらないんだろう、ということを思うのですが、やはり本気でそれを自分の仕事と思ってやれないと、続かないということなのでしょう。

 この本がこの「全国どこでもアパート経営」で言っている、成功するための条件はいくつもありますが、全般的に大家さんのレベルが低い、ということを言ってくれているような気がします。そして、レベルを上げるためには、自分なりの投資ポリシーを持つこと、相手の立場に立って物事を考えること、そしてコミュニケーションの大事さ。こういう点をポイントに挙げるあたり、とても全うな、大家さん入門書といえるのではないかと思います。そしてこれらの条件は、もちろん、どんなビジネスであっても成功する要因ですね。

 で、ここから先の話は、不思議な話。

 おそらく不動産投資というのは太古の昔からあったビジネスモデルなので儲かるでしょうが、なぜ、失敗する人ややらない人が多いのか、ということです。

 まず失敗する人ですが、それはおそらく、自分の頭で考えていないから、ではないかな、と思います。知識や情報はあっても、それを自分の頭で考えられるようにならないと、せっせと誰かに貢ぐ、という結果になってしまいます。自分の頭で考える人は自己責任も取ろうとします。そうすればすべてにおいて真剣です。

 そして、やらない人はそれだけの情熱をかけられない、と判断した人です。リスクをヘッジするのはやはり思考。真剣に取り組めないと思った人は行動できないでしょう。

 大家さん業はよく不労所得やリタイアだと宣伝されていますが、実際にはこれは管理業であり、経営です。経営というのは問題が起こっていないときには何もすることがありません。むしろ問題が起こったときや危機のときにどうするのか、それに備えて待機しているのです。

 ですので、大家さん業もひとつのビジネスです。そしてそれはすべてのビジネスの基本となるものです。内容のない自慢話だけの不動産投資本が多い中、良心的で身近な、そして何よりポジティブで優しい印象のこの一冊は、不動産投資に情熱を持っているあなたの大事な一冊になることでしょう。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.bizbook.tv/trackback/929806

トラックバック

▲top