bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 現代思想の遭難者たち | TOP | 株主資本主義の誤算 短期の利益追求が会社を衰退させる >>

2002.07.25 Thursday

道は開ける

あなたの書棚の常備薬として

道は開ける
道は開ける
posted with 簡単リンクくん at 2002. 7. 25
D・カーネギー〔著〕
香山 晶訳
創元社
(1999.10)

 帯に邦訳260万部突破!とある。260万人といえば、だいたいジャマイカの国民全部くらいの人間が持っている計算になる。日本でいえば、6人に1人くらいは持っていることになる。サッカーチームがひとつあれば、2人は持っているわけだ。(しつこい?)

 買ってみて、読んでみて納得である。この本はいってみれば常備薬。いろんな宗教家やデマゴーグ、エコノミスト、評論家、心理学者、作家、相場師、アーチスト、哲学者、スポーツ選手などなどがまあ専門医で、それぞれの思想や立場のスペシャリストだとすれば、この本はそれぞれいろいろな人の考え方のエッセンスを集めて具体的に書いた本なのだ。

 カーネギーはそれを本だけに頼ったわけではない。これは、実際に人間関係の悩み解決法講座を開いていたときに作ったテキストを元に発展させた本なのだ。だからこそ、悩みの解決法としては実践的であり、「効く」のである。

 この本は常備薬だから、持っていない人はすぐに書棚に常備するべきだし、人に贈るのにも向いている。悩みのない人生を送っている人などいないのだから、誰でも喜ぶこと間違いない。装丁も豪華そうなので、いい贈り物になるだろう。

 ただし、日本でも6人に1人は持っているので、ダブらないようにすることだけは心がけたい。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.bizbook.tv/trackback/67857

トラックバック

▲top