bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか | TOP | 巨象も踊る >>

2002.12.27 Friday

私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ

everyday low price のヒミツがこの中にある!

私のウォルマート商法
サム・ウォルトン〔著〕
ジョン・ヒューイ〔著〕
渥美 俊一監訳
桜井 多恵子監訳
講談社
(2002.11)

 サム・ウォルトンの名前は知らなくとも、ウォルマートの名前は知っている。そんな人は多いのではないだろうか? 日本でも先日、西友に520億円の出資を発表し、いよいよ日本への進出が開始される。現最高経営責任者が記者会見の席で「低価格の商品を提供し、日本の消費者の生活コストを下げる。日本の消費者にきっと受け入れられるはずだ」と自信たっぷりに宣言した。ここ数年で日本の流通業界に多大な影響を及ぼすことは間違いない。

 創業以来わずか40年で売上高世界第1位に急成長したウォルマート。この本は創業者サム・ウォルトンの自叙伝である。シンプルなポリシーをつらぬいた彼のその手法はそのままウォルマートの強さの秘訣だ。経営哲学・販売手法・仕入れ・人事・組織・出店プログラム、その全てがこの本の中に非常にシンプルな形で示されている。愛される小売業になるのは非常にシンプルなことなのだ。そしてシンプルだからこそ、法則にするのは難しい。

 まずはサム・ウォルトンの生き様を読むことから初め、そして彼の言葉の裏にある哲学に触れ、人事と組織の考え方を学び、商売成功の秘訣と、お客さまに愛される理由を考える。そうして何度も何度も読むことで、この本に埋まっているノウハウがわかるようになる。手元に、お店に、オフィスに置いておこう。この本は全てのサービス・小売業に携わる人にとって、バイブルとなる1冊である。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.bizbook.tv/trackback/67776

トラックバック

▲top