bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ | TOP | リッチウーマン 人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門 >>

2007.07.08 Sunday

できる若者は3年で辞める! 伸びる会社はできる人よりネクストリーダーを育てる

社長という人種を知る一冊、社長のための一冊

 タイトルは最近の新卒採用ブームにあやかったものだけれども、実は中身は全然違う。著者が自らの働くことへの理想を語った一冊。

 著者は公認会計士事務所の所長。青山監査法人を経て、独立。公認会計士には珍しく営業系のコンサルから、人材育成系のコンサル会社を設立し、現在にいたる。

 内容は著者の経営に対する思いを書き連ねたもの。「どうやったら若者を3年で辞めさせないか」ということよりは、「そういう若者に迎合するな」という感じ。ノウハウ集や理論本というよりは、コラム集といった印象である。

 「社員満足より顧客満足」「不採用の理由はスキルではない」などなど、ばしばしと切れ味すっぱりと語っていく。その語り口が爽快だ。

 個人的に特に面白かったのは、経営目標の「定量目標」と「定性目標」の区別の話。「定量目標」とはつまり数値目標だが、人が理念に共感したり、突き動かされたりするのは、言葉で書かれた「定性目標」の方。この2つの目標の目指すところがきちんと一致していないと、経営はうまくいかない、という話。なかなか面白かった。

 そのほか、学習する組織を作るにはどう考えたらよいのか、モチベーションを維持するにはどうするかとか、マネジメントとリーダーシップは両輪だ、とか、仕事に対する哲学を持て、とか、生と死の境界線をなくす、とか、経営に携わる者にとっては、考えさせられる話が満載である。

 だから逆に、経営サイドではなく、自分のキャリアをどのように構築しようか、今の会社を辞めようか続けようか悩んでいる若者にとっては、経営者ってこんなことを考えているんだ、ということで、自分の働き方について悩んでしまうかもしれない。

 そういう悩む人は逆に、ついていくべきリーダーかどうか、ということを判定するために、この本は使えるかもしれない。

 日経ビジネスでも紹介され、発売から1ヶ月で1万部を突破したという。社長という人種を知る一冊として、とてもユニークな一冊である。


コメント

私の本を読んでいただいて大変ありがとうございました。大変、この記事を読んで、嬉しかったです。

このたび、弊社の社員である井上ゆかりと【母性の経営】という本を読みました。

もし、ご興味あれば、また、感想をお聞かせください。
2009/06/11 1:23 PM by 久野康成

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.bizbook.tv/trackback/608376

トラックバック

▲top