bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< オレは聞いてない! 上司はなぜ部下の話を聞けないのか | TOP | 組織変革ファシリテーター「ファシリテーション能力」実践講座 >>

2006.10.29 Sunday

3日でやめる人、3年続く人 成功するまでヤル気を持続させる技術

NLPを知っていますか?


 NLPという言葉をご存知だろうか。日本語訳は神経言語プログラミング。簡単に言うと、無意識を意識化してコントロールする技術のこと。この本の表現を借りれば「脳の取り扱い説明書」。いわゆるコールド・リーディングというのが人の無意識を利用する方法であるとするならば、NLPはどちらかというと、自分の無意識を操作する方法である。

 しかもこのNLP、その出自が変わっている。アメリカに実在した心理法家、ゲシュタルト療法のフィリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・エリクソンの3人の天才セラピスト、他のセラピストが治療できないような患者を簡単に治してしまえる天才。彼らのスキルや技術−理論や構造ではなく、あくまで「スキルや技術」というところがさすがアメリカ、といったところである−を取り出し、共通部分を纏め上げたものがNLP。現在はこれをベースにいろいろなテクニックが編み出されている。

 考え方のベースは、人の無意識というのは、プログラムされている、とするもの。これを効果的にプログラミングし直すことで、例えば、この本の書名のように3日坊主を治したり、あるいはスポーツの試合で勝ったり、営業成績をアップさせたりすることができる、というもの。

 まあ、そこまで爆発的な変化はないにしても、このNLP、様々な小技はかなり役に立つものが多い。NLP上の名前は知らなくても、自分が結構、ここで紹介されているようなことをやっているなぁ、と感じることも多い。

 この本は、NLPトレーナーアソシエイトでもあり、プロのコーチでもある著者が、NLPを使ったコーチングの実践の中からの実例を交えて、分かりやすく解説したもの。読むだけでなく、実際に試してみないと納得しにくいのがNLPに限らず、こういうスキルに共通するところではあるが、それでもかなり読みやすく、分かりやすく解説している。

 無意識のもやもやに苦しめられている方にはお勧めの一冊。これを理解して、そういう方にスキルを教えてあげるのも、喜ばれるかもしれない。


コメント

NLPプラクティショナーが自己適用のレベルにあり、マスタープラクティショナーになると他者への適用(影響)にウェイトがかかる。トレーナーになるとどれだけ多くの方へ同時に影響を与えられるか?が力量となる…とお考えいただくと良いと思います。

よって極めて力量のある方がお一人に注力した場合、そのクライアントに「爆発的」な変化が呼び起こされることも実際にあります。
2007/01/30 10:36 AM by key@NLP交差点

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.bizbook.tv/trackback/412012

トラックバック

『催眠誘導』
催眠誘導―エリクソン・メソード決定版 ジョン グリンダー,リチャード バンドラー ジョン グリンダーとリチャード バンドラーが、 ミルトン・エリクソンの催眠についてセミナーで講義したものを まとめたもので、読みやすい本です。
(たけやんの日々是好日 2006/11/05 9:14 AM)

▲top