bizbook.tv

ビジネス書評の小宇宙 bizbook.tv へようこそ。
星の数だけ、人の数だけ、ビジネスの叡智がある。
aguni's BOOK SPACE

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.01.03 Sunday

心をほぐす老子・荘子の教え

道って何だ?

 老子や荘子の教えというのはよくわからない。そんな風に思いつつ、著者の方よりいただいて手に取った1冊。

 この本は著者の古典解説シリーズの3冊目。『最強の孫子』『活かす論語』に続く刊行となります。なかなかネーミングにもセンスが光ります。

続きを読む >>

2003.02.01 Saturday

インフォアーツ論 ネットワーク的知性とはなにか?

ネットワーク時代に対応した知恵とわざ


 オンライン書店bk1でもメディア・社会学の書評を書かれている野村一夫さんが、そんな経験も含めてネットワーク的思考を育てる教育について語った貴重な書。大学の講師であり、パソコン通信時代からインターネットの時代まで現役のネットワーカーでもある著者ならではの1冊です。先住民時代からインターネットによって市民化の過程を経て、そして教育というプログラムを経て再生産の時代に入るネットワーク新時代に向けて送る貴重な提言となっています。

続きを読む >>

2002.07.15 Monday

現代思想の遭難者たち

いしいひさいち先生、次はぜひ「日本の思想家篇」を!


 1800円もする四コマ漫画の本だけど、少しも惜しいとは思わない。それだけ手間(思考実験?)の過程を経て精製された本という印象がする。いや、あーた、何が可笑しいと言って、これだけの思想家の似顔絵だけでまずは笑えるというもの。

続きを読む >>

2001.06.30 Saturday

時間と空間の誕生 蛙からアインシュタインへ

「時間」や「空間」といった距離感覚を捉え直すために…。

時間と空間の誕生
ゲーザ・サモシ著
松浦 俊輔訳
青土社
(1997.7)

 本書は時間と空間について、そして人間の時間と空間への関心についてのものである。

 書いたのは物理学の教授。しかしこの本で書かれているのは物理学的な「時間と空間の誕生」ではなく、認知科学的な「時間と空間の誕生」である。

続きを読む >>


▲top